bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「季節性感情障害」(SAD)秋から冬の「抑うつ、炭水化物過食、過眠」などで悩んでいませんか?

健康・美容

「季節性感情障害」(SAD)秋から冬の「抑うつ、炭水化物過食、過眠」などで悩んでいませんか?
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

季節の変わり目は、風邪を引いたり、気分が落ち込んだり、体調不良になりやすい時期ですよね。

季節の移り変わりが人間の気分に影響を及ぼすということは、よく知られていますが・・・


秋から冬にかけて、決まって気分の落ち込みが見られる障害があるのをご存知でしょうか?

季節性感情障害(冬季うつ病)とは?

季節性感情障害(冬季うつ病)」秋から冬にかけて毎年、抑うつ感が見られる障害のことです。

※少数ですが夏に抑うつ症状が見られる「夏季うつ病」もあります。


寒い季節になると、倦怠感、気分が落ち込む、憂うつになる・・・

もしかしたらそれは、性格の問題ではなく、秋から冬に発症する「季節性感情障害(冬季うつ病)」かもしれません。

季節性感情障害(冬季うつ病)の特徴

季節性感情障害(冬季うつ病)の特徴は、「周期性」

毎年、日照時間が短くなる秋(10月・11月)に症状があらわれはじめます。


3月頃になると日照時間が長くなるので回復するという「周期性」があります。

日常生活に支障を来すほどの症状が2年以上続いたら、病院で治療が可能な心の病気の可能性が考えられます。

出典 http://www.fuanclinic.com

季節性感情障害(冬季うつ病)の症状

  • ●夕方から増強する抑うつ感
  • ●倦怠感
  • ●今まで楽しんできたことを楽しめない
  • ●気力の低下
  • ●睡眠時間が異常に長くなる「過眠」
  • ●炭水化物を食べ過ぎる「過食」

なかでも過眠と過食、とくに甘いものを無性に食べたくなるという症状が見られるのが特徴

出典 http://www.fuanclinic.com

季節性感情障害(冬季うつ病)の原因

冬場の日照時間の低下が原因ではないかと考えられています。

光が不足すると脳内でセロトニンの分泌が減り、うつ病に陥りやすいのです。

季節性感情障害(冬季うつ病)の予防と治療


予防のためにも、出来るだけ屋外に出て日光に当たりましょうね。

季節性感情障害(冬季うつ病)」に対しての治療は、「高照度光療法」が第一の選択になるようです。



光療法

ライトボックス(人工光)を使用して、冬季の日照不足をを補う方法です。照射される光は太陽光に似ていますが、紫外線は出ないので肌や目に害がありません。

出典 http://www.rcpsych.ac.uk

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

カテゴリー

月別アーカイブ